AppleScript基本構文一覧


最終更新日 2014年2月5日水曜日 20:45:06

AppleScriptの基本構文です。

Okamoto’s Homepageさんから引用させていただきました。

自分は簡単な構文をAppleScriptで作ってなるべく事務作業の自動化をしていますが、

最初から自力で構文を書く事は難しいので、AppleScript関連のいろいろなサイトを

参考にさせていただき簡単なものをなるべく自分なりに考えて作っています。

それでもわからないところはしまゆぐの詳しいかたにお聞きすると言うスタイルを取っています。

長い構文も簡単な構文の組み合わせだと思いますので、

自分のためもあり、AppleScriptで出来る機能の一覧表を作ってみました。

こちらもOkamoto’s Homepageの一覧をテーブルタグで囲っただけのものです。

時間があれば、順に構文を復習して行きたいと思います。

Okamoto’s Homepage
ウインドウ関連 ウインドウの名前を得る
ウインドウを移動する
ウインドウのサイズを変更
ウインドウをズームする
ウインドウを閉じる
ウインドウをドックに格納する
ウインドウの表示をアイコンビューに変更
ウインドウの表示をリストビューに変更
ウインドウの表示をカラムビューに変更
アイコンビューのオプションを変更する
アイコンビューでアイコンの大きさを変える
リストビューでフォルダのサイズも表示する
リストビューでアイコンの大きさを変える
リストビューで,選択したカラムでソートする(1)
リストビューで,選択したカラムでソートする(2)
リストビューで,全てのカラムを表示する
リストビューで,特定のカラムを表示/非表示
リストビューで相対日時を使う/使わない
ファイル/フォルダ操作 フォルダを作る
エイリアスを作る
ファイルを移動する
ファイルを複製する
ファイルをFinderで表示する
フォルダ内のアイテムの数を得る
ゴミ箱へ移動する
ゴミ箱を空にする
フォルダ内のアイテムのリストを得る
特別なフォルダへのパスを得る
ファイル属性 クリエータタイプを得る
ファイルタイプを得る
ファイルが存在するかどうか調べる
名前を得る
ファイルサイズを得る(1)
ファイルサイズを得る(2)
ファイルのデータフォークのみのサイズを得る
拡張子を得る
拡張子を表示/非表示
ロック/ロック解除する
作成日/変更日を得る
インターネットロケーションファイルのURLなどを得る
デフォルトアプリケーションを得る
ファイルを含むボリューム(ディスク)を得る
ディスク関係 全ディスクを得る(1)
全ディスクを得る(2)
起動ディスクを得る
ディスクの残り容量を得る
ディスクのフォーマットを得る
ディスクをイジェクトする
ダイアログ関連 ダイアログを表示する
ダイアログにアイコンを表示
ダイアログに入力フィールドを表示
ダイアログのボタンをカスタマイズ
ダイアログを指定秒後に自動的に閉じる
ダイアログで入力されたテキストを利用する
ダイアログでクリックされたボタンによって処理を分岐する
リストから選択する
リストから選択する時に,デフォルトで選択状態の項目を作る
リストから選択する時に,ボタンのテキストを変える
リストから選択する時に,複数選択を可能にする
リストから選択する時に,未選択状態でOKボタンをアクティブにする
ファイル選択ダイアログを開く
フォルダ選択ダイアログを開く
プロセス関連 起動しているプロセスを得る
最前面のプロセスを得る
最前面のプロセス以外を隠す
クリップボード関連 クリップボードのデータを得る
クリップボードにデータをコピーする
クリップボードのデータが文字かどうか判別する
ファイルの読み書き ファイルの内容を読み込む
ファイルにデータを書き込む
ファイルにデータを追加して書き込む
ファイルにデータを上書きして書き込む
日付け/時刻関連 現在の日付けを得る
年月日などを個別に得る
標準時との時差を得る
その他 ビープ音を鳴らす
小数を四捨五入する
アスキー文字を得る
アスキーナンバーを得る
繰り返し構文 repeat 〜 end repeat
repeat n times 〜 end repeat
repeat until 〜 end repeat
repeat while 〜 end repeat
repeat with a in b 〜 end repeat
repeat with a from b to c 〜 end repeat
50 100

ページトップに戻る↑                             ページ一番下へ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Optionally add an image (JPEG only)