周辺機器デバイス

デジタル騒音計 使用感

あらかじめ設定しておいた時間の気温・湿度あるいは騒音などを

一定期間記録できる機械としてデータロガーというものがあります。

私どもの会社でも気温・湿度のデータロガー購入に引きつづき

騒音のデータロガーを購入いたしました。

気温・湿度のデータロガーは既に実際にお客様の床下などに設置させていただき

大いに貢献しております。

住宅の床下の湿気は住宅の寿命に大きくかかわってきます。

シロアリなどの被害から大切なわが家を守るためにも高すぎる湿度は禁物です。

私どもでは床下の湿気対策の一つとして床下調湿炭を敷かせていただいておりますが、

一見わかりにくいその効果も具体的な計測結果をお客様に提出させていただくことで、

心配をかけずに納得していだだいております。

今回購入したデータロガーは騒音に関してのものですが、

計測の対象となる機会は様々あると思います。

例えば、大通り付近の購入予定の土地における1日のの騒音量調べたり、

既存住宅にほどこした防音工事の効果を確認したりなどなどです。

また、機械は外国製ではありましたが、日本語の解説書もついていたこともあり、

社内のWindowsパソコンとの接続もスムーズに行え、初期の設定も既に済みました。

(この手の機械はWindowのみ対応が多いようです。)

後は実際の現場での活躍に期待といった状況です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
デジタル騒音計

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

ツールとしてのMacについてのメリットデメリットなどの事について書いています。

最終更新日 2013年11月4日月曜日 10:42:22

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Optionally add an image (JPEG only)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください