趣味のためのMacに関するサイト > 周辺機器デバイス > キーボードカバー購入時に気がついた事とは
周辺機器デバイス

キーボードカバー購入時に気がついた事とは

iMacを入れ替えたのにともない、キーボードカバーを購入。

そのときに気がついたことがあります。

Mac系はそれほど種類は無いですが、ボンダイ(さすがにこれは製造中止かも)

からだとすこしはあります。

最新版はキーボードがアルミ製薄型になっていると思いますが、

こまるのはその前の世代とさらにその前の世代。

簡単に言うと、ファンクションキー同士に隙間が有るものとそうでないもの。

その見分け方が困っていたが、販売店店員の方に

↓部分の数字が大きいほど新製品であるということを聞ききました。

今度はこれに注意してみようと思います。

エレコムの最新版は7、その前は6もしくは5ということになります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

keyboard.jpg

キーボードカバー横の数字

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

ツールとしてのMacについてのメリットデメリットなどの事について書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Optionally add an image (JPEG only)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください