趣味のためのMacに関するサイト > タイムマシン > タイムマシンでLANディスクにバックアップするときには
タイムマシン

タイムマシンでLANディスクにバックアップするときには

普段気をつけてやらなければならない作業にバックアップを取るということがあります。

iCalスケジュールに登録しておいて定期的にアラートがでるようにしているのですが、

面倒なのでなかなかやらないことが多いです。

近頃は古いOSのころのような爆弾マークがでないのでデータが飛ぶことはありませんが

さすがに心配なので、10.6(SnowLeopard)の機能を使って

LAN上にタイムマシンでバックアップを取ることにしました。

こうすればいちいち外付けのハードディスクを持って来てつなぐ手間もないですし、

一時間ごとにバックアップを取ってくれるので大変便利。

10.4 → 移行アシスタント

10.5 → タイムマシン

10.6 → LANディスクでタイムマシン

と少しずつ便利になっています。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

タイムマシン

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

ツールとしてのMacについてのメリットデメリットなどの事について書いています。

最終更新日 2013年11月4日月曜日 14:04:11

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Optionally add an image (JPEG only)