趣味のためのMacに関するサイト > AppleScript > プリンター管理画面 > 管理画面での操作を簡単にするには3 出現数のカウント
プリンター管理画面

管理画面での操作を簡単にするには3 出現数のカウント

AppleScriptで自分にとって厄介なのは繰り返し回数を得るという事です。

出現数のカウントの分だけ繰り返す命令(リビート、repeat)をするわけですが

これを求めるのに難儀します。

前述、スキャナーの管理画面で読み取った書類の分だけ繰り返す必要があります。

その回数を求めるには、管理画面のテキストを全部コピーし

エディター(JeditX)の新規画面にペーストしてから

プレーンテキストに変換し、AppleScriptでいずれの文書名に共通する語句を

カウントしようと考えました。

この語句をカウントする機能がJeditXにあるかもしれない。

とプルダウンメニューを探してみました。

プルダウンメニュー/スクリプトメニュー/出現数のカウントという命令があります。

しかし、JeditXのスクリプトウインドウは do menu item の命令では扱えないはずでした。

そこで、システム環境設定/キーボード/キーボードショートカット で

バッティングしないはずの option + command + shift + C でショートカットを登録し

試してみたところ正常に動作しました。

1 Safari画面のコピー

2 JeditX新規画面へペースト

2-1 プレーンテキスト化

2-2 すべてを選択

2-3 ショートカットキーで出現数のカウントの命令をする。

2-4 ポップアップウインドウにキーワード ”img” を入力

2-5 “OK” ボタンをクリック

3 表示された数値を取得

——————更なる問題

この1、2は出来そうな気がしますが

3の表示された数値を取得というのが分かりません。

クリップボードにコピーされないのでset命令が使えません。

または、AppleScript上でコピーしたSafariのテキストをテキストとし

キーワード”img”でカウントする手も有るかと思います。

(こっちのほうが簡単かな。)次回検討してみたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Mac

About 1q3

ツールとしてのMacについてのメリットデメリットなどの事について書いています。

最終更新日 2013年11月4日月曜日 15:20:28

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Optionally add an image (JPEG only)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください