趣味のためのMacに関するサイト > Acrobat > スタンプの背景を透過にするには
Acrobat

スタンプの背景を透過にするには

図面や書類にデジタルデータのスタンプを押すときに困る事があります。

スタンプを押した下の書類が見える(透過する)必要があります。

その場合自分が出来る方法は

1 Acrobat製品版で透過(半透明にする)

2 SketchUpで読み込んで透過(半透明にする)

3 GraphicConverterで透過処理(スタンプの文字の空間を透明にする)

という三つの方法がありますが、

1、2の方法では陰影自体が薄くなってしまいますので

3のグラフィックコンバーターで文字間の透明化をしてみました。

GraphicConverter6.1.2の試用版では透明化にしたつもりでも

いざ張り付けてみると、その透明化した部分に色がついてしまい、うまく行きません。

いろいろ試してみても、解決しませんでしたし、

画像の移動の微調整もうまく行きませんでした。

そこで、新バージョンのGraphicConverter7.0.3をダウンロードして使ってみました。

この透過ツール(Transparency(B))にオンマウスのときに

ガイド(Double click for more options)の表示がでましたので

ガイドに従って、ダブルクリックして透過ユニットのダイアログを

だす事が出来、背景色を白、色を透明化のチェックボックスをチェックできました。

それでスタンプの文字間を透明に出来ました。

この、GraphicConverter 6.xで透過処理した背景が黒くなってしまった原因は

このオプションの存在に気がつかなかった事にあります。

もっと早く気がついていればなぁ。と、残念な気がします。

しかし、GraphicConverterが6 → 7では

体感的にはもどかしさが消えて軽くて早くなった気がします。

6では思い通りの位置に画像を張り付ける事が出来なかったり

伸縮が自在でなかったりしたので購入する気がおきませんでした。

今回の7では感触がいいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Mac

About 1q3

ツールとしてのMacについてのメリットデメリットなどの事について書いています。

最終更新日 2013年11月4日月曜日 15:22:29

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です