趣味のためのMacに関するサイト > AppleScript > 【AppleScript】はがき印刷をAppleScriptで自動化
AppleScript

【AppleScript】はがき印刷をAppleScriptで自動化

自分の場合、Acrobat9.4.6では手差しの場合に複数枚数印刷できないと

いう不具合があるのでGUIScriptingで印刷させることにトライしました。

キータイプを指示する簡単な構文をAppleScritptで書いています。

ページ設定ウインドウ、プリントウインドウがbounds命令では指示できない

ウインドウ(フロート)であることで少し悩みましたが、

呼び出すたびに同じ位置にあるのでこの構文を使ってみて、支障がないようです。

はがき印刷スクリプト

図1

cliclickを使ってのGUIScripting

AppleScript SystemEvents cliclickで印刷のウインドウをクリックするという

単純な構文ですが、反応を待つ時間をどのくらいにしたらいいのかが

なかなかわからず困りました。

はがき用紙設定

図2

ページ設定ウインドウ

図では用紙サイズが「はがき」になっています。

直前に設定した用紙サイズを記憶しているせいで、実際にははがきとは限りません。

用紙設定

図3

ページ設定/用紙サイズのウインドウ

最悪の場合を想定し、「はがき」を選択するためには「表紙A4」が

選択していると考えて、最上段の「11×15”」まで行ってから、

再び下がってくるという風にしました。ちょっと面倒ですがやむを得ません。

このウインドウでは手差しを選択する必要があります。

その前に、現在は印刷されるはがきがプレビューされていますが、

時として、白紙になる場合がありますのでそのエラーを防ぐために

いったんラジオボタン「すべて」をクリックしなければなりません。

その後「現在の印刷範囲」のラジオボタンを再度クリックする必要があります。

給紙を選択

図6

給紙選択画面(ポップアップ)

こちらも直近の設定を記憶していますので、エラーが起きたことを考えなければなりません。

用紙トレイ選択

図7

印刷トレイ選択画面

こちらは、最上段を選択してあると考えて最下段まで移動するようにします。

──────────

指示/選択するたびにウインドウの大きさが変わるので

そのたびにUIElementInspectorで調べるのが、ちょっと厄介だと感じますが、

一度構文を書けば繰り返し使えます。最初はちょっと手間ですが、便利な機能だと言えます。

アクロバットに原因があるのか、ゼロックスのドライバーに原因があるのか、

または、MacOSの問題なのかはわかりませんが、複数枚数が印刷できないのは困ったことです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

ツールとしてのMacについてのメリットデメリットなどの事について書いています。

最終更新日 2013年11月5日火曜日 03:55:49

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Optionally add an image (JPEG only)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください