趣味のためのMacに関するサイト > AppleScript > サブルーチン > 【AppleScript】はがき印刷をAppleScriptで自動化2
サブルーチン

【AppleScript】はがき印刷をAppleScriptで自動化2

はがき印刷を手差し給紙で用紙設定、印刷が自動化で出来ましたが、

複数枚の印刷が現時点では出来ませんから複数枚のときは

枚数を指定する必要があります。

原始的な方法ですが、回数だけ繰り返す方法でやってみたいと思いましたので

そのときに便利なサブルーチンを試してみました。

まず、サブルーチンが単独で動くのか?という疑問があります。

実際にやってみました。

外部のスクリプトを呼び出すより間違いが少ない(pathでの指示がいりませんから)と

考えます。

set pri_1 to my hagaki()

on hagaki()

–この中に構文

end hagaki

このようにしてみると、単独でも動きました。これで動けば、サブルーチンは使い回しが効きますね。

次の問題は、returnの扱いです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Mac

About 1q3

ツールとしてのMacについてのメリットデメリットなどの事について書いています。

最終更新日 2013年11月5日火曜日 06:11:15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です