趣味のためのMacに関するサイト > タイムマシン > MacOSX Server macminiへのタイムマシンバックアップエラーでは
タイムマシン

MacOSX Server macminiへのタイムマシンバックアップエラーでは

定期的にタイムマシンが使えなくなりますので、再度設定が必要になります。

かならずしもMacOSX Serverが悪いのではないのですが、どうにも困った問題です。

スタンドアローンにしてもクライアント&サーバーにしても

自分が使っているMacにUSB型のハードディスクをつないでおけば

自然とタイムマシンで一時間おきにバックアップがとれる訳なんですが、

自分の机の回りに余り物を置きたくないもので、どうしてもMac mini経由で

タイムマシンを使いたくなります。

iMac 10.6.8 → MacOSX Server → 外部USB HD という風に

Time Machineでバックアップを取っていましたが、

急にエラーになり、バックアップがとれなくなりました。

サーバ管理/共有ポイントを見てみると、今までバックアップ先としていた

ハードディスクのディスク領域が「0」になっています。

アクセス権の隣にあるはずの共有ポイントタブも見えないので

サーバ環境設定から共有を選択すると、

アクセスできません….以下のエラーが表示されます。

Appleのサポートに聞いてみると、マウントされているか聞かれましたので

サーバーのデスクトップを見てみるとマウントされていません。

その問題のUSB HDをクライアントiMacにつないでみるとマウントされるものの

今度は取り出すことができません。

「強制的に取り出す」を選択しましたがアイコンがいつまでたっても消えず

やむを得ずクライアントのiMacを再起動しました。

ハードディスクのエラーではないかということがわかりました。

これは寿命かな。

ということであきらめ、予備HDをMac mini OSX Serverにつないでみました。

すると一発でマウントされ、共有ポイントのタブが選択でき、

「Time Machine バックアップ先として使用」がチェックできました。

USB HDの読み書きエラーでバックアップがとれなくなっていた訳です。

まさかHDのエラーとは思わず、自分の設定のどこかにエラーがあるとばかり

思い込んでいました。

HDは消耗品と言いますが、定期的に変えないとダメですね。

タイムマシン

1

書き込めないHD 書き込めたHD

2──────────3

 
書き込み後

4

  1. サーバ環境設定/共有 でのUSB HDアクセスエラー
  2. サーバ管理画面での表示、エラーがありのHD(アクセスポイントのタブなし)
  3. 〃           エラーがなしのHD(アクセスポイントのタブあり)
  4. バックアップ成功

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

ツールとしてのMacについてのメリットデメリットなどの事について書いています。

最終更新日 2013年11月5日火曜日 08:22:45

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Optionally add an image (JPEG only)