趣味のためのMacに関するサイト > ネットワークカメラ > 現場設置ネットワークカメラの設定では6
ネットワークカメラ

現場設置ネットワークカメラの設定では6

茅ヶ崎市の「I3」邸の上棟が近いので構造図を書かなければならないのですが、

いかんせんプレカット図が来ないものですから気は焦るものの

雨が続いていることもあり、やることがありません。

そこで宿題として残っているネットワークカメラの設定をすることにしました。

パナソニックのBB-HCM531です。

最終的にはイーモバイル(今はイーアクセスですか)の無線カードを使って

現場の状況をリアルタイムで見るのが目的ですが

その前に、有線、ローカルで動かないとしょうがありません。

そこで、保管してあるネットワークカメラ、無線ルーターを出してきました。

梱包を開いたところセットアップディスクと取扱説明書をどこかにしまったらしく、見つかりません。

そこで、パナソニックのサイトからドライバーをダウンロードして

Mac/parallelsで設定したのですがどうにも動きません。

parallelsはアプリケーション自体はどれも支障無く動くのですが

外部デバイスを使うものになると、動かないものがあります。

やむを得ず、ホームページ確認用のWindowsマシンを使いました。

IPアドレスは普通の場合、192.168.0.1からローカルでは振るのですが、

私の場合は事情があって別のグループにしています。

そのせいで設定がややこしくなってしまいます。

自動では設定が出来ませんでした。

手動で(DHCPですと外から見るときには都度変化するので)

設定しました。グローバルの固定アドレスに後でしたいですね。

会社内のLANにぶら下げたので、もう一個ルーターは不要だと思いましたが、

ネットワークカメラ直前にかませないとうまくいきませんでした。

WAN → モデム → ルーター① → LAN ルーター② → ネットワークカメラ、Windowsマシン

という構成です。

──────────まとめ

  1. ルーターはネットワークカメラ直前に必ずかませる必要がある。
  2. 通常でないローカルのIPを振っている場合にはローカル固定IPを別に振る必要がある。
  3. parallelsでは、ドライバーがうまく動かない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Mac

About 1q3

ツールとしてのMacについてのメリットデメリットなどの事について書いています。

最終更新日 2013年11月5日火曜日 08:29:31

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Optionally add an image (JPEG only)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください