趣味のためのMacに関するサイト > AppleScript > ソースコード > 空白行削除に成功したスクリプト
ソースコード

空白行削除に成功したスクリプト

正規表現では試行錯誤でいろいろ試しています。

置換の順番では変更後を先に書いて変更後を後に書くのが鉄則だと思い込んでいましたが、

それでは正しく実行されませんでしたので、逆に書いてみたところ実行されました。

構文がちょっといまいちですが。

  1. ——————空白行削除に成功したスクリプト 
  2. tell application Jedit X
  3.     tell front document
  4.         replaceAll string ^[ \\t]*[\\r\\n]+ to  with select all, case sensitive, grep and entire word
  5.     end tell
  6. end tell
  7. —————— 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Mac

About 1q3

ツールとしてのMacについてのメリットデメリットなどの事について書いています。

最終更新日 2013年11月5日火曜日 17:56:29

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です