趣味のためのMacに関するサイト > AppleScript > ソースコード > Safariの最前面のウインドウからテキストを得る
ソースコード

Safariの最前面のウインドウからテキストを得る

テキストのコピペのためのスクリプト。テキスト量が多いときに便利です。

プレーンテキストへしたほうが良かったかも。

  1. tell application Safari
  2.     open location theURL
  3.     –delay 10
  4.     tell front document (*windowにするとエラー*)
  5.         activate
  6.         set theName to name
  7.         set theURL to URL (**)
  8.         set theText to every text
  9.     end tell
  10. end tell
  11. tell application Jedit X
  12.     activate
  13.     tell document 1
  14.         –delay 5
  15.         set paragraph 1 to   & return (*あとで張り付けるためのスペースを空けておかないとエラー*)
  16.         set paragraph 2 to return & タイトルは  & theName & return & URLは  & theURL & return
  17.         set paragraph 5 to ここからペースト & return & theText
  18.         –set timeB to current date
  19.         set {size, font} to {12, ヒラギノ角ゴ Pro}
  20.         –set theTime to (timeB – timeA)
  21.         set theCount to count paragraph
  22.         –set color of every paragraph to {65535, 0, 0}(*文字を赤くする*)
  23.         set paragraph 1 to 行数は & theCount & です。
  24.         –(*”コピーにかかった時間は” & theTime & “秒、*)
  25.     end tell
  26. end tell

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Mac

About 1q3

ツールとしてのMacについてのメリットデメリットなどの事について書いています。

最終更新日 2013年11月6日水曜日 03:27:06

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Optionally add an image (JPEG only)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください