趣味のためのMacに関するサイト > AppleScript > 競馬の出馬表をAppleScriptとOpenOfficeで整形するには
AppleScript

競馬の出馬表をAppleScriptとOpenOfficeで整形するには

自分は面倒な操作をパソコンにさせようと言う考えです。

IPATをブラウザから操作してなんとかかんとか出馬表のコピーをするところまで行ったので、

今度は表計算ソフトOpenOfficeにコピペして整形しようと思って挑戦しました。

OpenOfficeの新規書類では管理が面倒になりますので

特定の書類に新規タブを付けてシートの挿入をテスト。

OpenOfficeはAppleScriptに対応していないのでcliclickで

プルダウンメニューから実行する必要があります。

GUIScriptingなのでその点は操作が長いものの苦になりません。

タブの名前の付け方でいきなりつまづきました。

名前を簡単に今日の日付をcurrent dateで取得したテキスト(strings)で付けたらエラー。

名前は英数字だけしか使えないのでした。

それでthruで時間、分、秒を個別に取り出して結合しました。

さらにエラー。HHMMSSという六桁の数字を取り出すのに、

時間の単位が24時間表示で一桁のときに空白が入ってしまいます。

(実際には使用時間は10時からでエラーになることはありませんが。)

うっかりして10時少し前に起動してしまうことを考えて

set HH to “0” & HH とやったところ、スペースが入り”0 9″となってしまいました。

空白文字を削除する方法はserch_stringsとするそうだけどわからないので、

“0 9″の一番目と三番目を取得することにしました。

10より小さい場合は頭に”0″を足して一番目と三番目を時間に当てる。という方法。

──────────マクロ

今度は、表をペーストした後の整形。

書式情報をクリアして、全部のセルを上下左右にセンタリング。

書式設定クリアは、書式/標準の書式設定 ^Mというショートカットキーが有るので

System Events keystrokeで可能。

しかし、マクロでは、ウインドウ bounds命令が使えないのでcliclickが使えません。

プルダウンメニューから、ツール/マクロ/マクロの実行を見てみると、

マクロセレクターが開き、上下左右キーでタブが展開することがわかったので、

マクロを実行することができました。後は来週。

サブルーチン(ハンドラ)は自分にとって敷居が高いので

load scriptで指定のScriptを繰り返すことはどうかな?と考えています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Mac

About 1q3

ツールとしてのMacについてのメリットデメリットなどの事について書いています。

最終更新日 2013年11月6日水曜日 04:39:32

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Optionally add an image (JPEG only)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください