趣味のためのMacに関するサイト > iMac > Macのセキュリティー設定では
iMac

Macのセキュリティー設定では

インターネットからアプリケーションをダウンロードすると、

デフォルトでは下記の注意が出ます。

最終的には自分の判断ですが、この注意が有るのですこしはエラーを防げているのではないかと思います。

Appleの説明を見ると、アプリケーションにIDを発行しているようですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

セキュリティー

警告

セキュリティー

警告2

──────────Appleの説明

開発元が未確認のアプリケーション
開こうとしたアプリケーションは確認済みの開発元によって Apple に登録されていません。これは必ずしもアプリケーションに問題があるというわけではありません。たとえばアプリケーションによってはデベロッパ ID の登録が開始される前に作成されたものもあります。ただしアプリケーションは確認されていません。またOS X でアプリケーションがリリース後に変更されたり破損しているかどうかを確認する方法もありません。よくあるマルウェアの配信方法は無害のアプリケーションを入手してそれに有害なコードを挿入し感染したアプリケーションを再配信するという方法です。
最も安全なアプローチはMac App Store でより新しいバージョンのアプリケーションを探すか確認済みの開発元で別のアプリケーションを調べることです。
アプリケーションだけでなくほかのタイプのファイルも安全であるかどうかは分かりません。スクリプトWeb アーカイブおよび Java アーカイブがシステムに損害を与える場合があります。もちろんこのようなファイルがすべて危険というわけではありませんがこのようなダウンロードしたファイルを開く際は注意が必要です。このようなファイルをはじめて開こうとしたときには警告が表示されます。
その場合でもセキュリティ設定を無効化してアプリケーションを開くこともできます。
Finder で開きたいアプリケーションを検索します。ほとんどのアプリケーションは「アプリケーション」フォルダで見つけることができます。
Control キーを押してアプリケーションアイコンをクリックします。
ポップアップメニューから「開く」を選択します。
「開く」をクリックします。
アプリケーションはセキュリティ設定の例外として保存され今後はダブルクリックすることで開くことができるようになります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

ツールとしてのMacについてのメリットデメリットなどの事について書いています。

最終更新日 2013年11月6日水曜日 11:27:43

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Optionally add an image (JPEG only)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください