趣味のためのMacに関するサイト > Acrobat > OCRアプリケーションで苦労する話
Acrobat

OCRアプリケーションで苦労する話

TessOCRを使えるようにするのに苦労しています。

なにせ、ターミナルの使い方がよくわかりませんので。

これは自分のスキルでは敷居が高く、相当なハードルの高さです。

そこで当座の代替措置として、Mac用のOCRアプリケーションの読取革命か、

AdobeAcrobatPro ver9.5.2のOCR機能を使ってみることにしました。

まず、手始めとしてAcrobatのOCR機能を。

手元にあった見積書を、プルダウンメニュー/OCRテキスト認識/OCRを使用してテキストを認識。

とするとPDF形式では画像を含むので(印鑑の部分)エラーになりましたが、

一旦png形式で書き出し、それを読み込んでみました。

自動的に書類の水平を直し、体感的には85〜90%程度の認識率で読み取ってくれたようです。

文字の潰れのあるFAX文書ではつらいかもしれませんが、当座の使用としてはまずまずかとおもいます。

代替ですのでやむを得ません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Ocr

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

ツールとしてのMacについてのメリットデメリットなどの事について書いています。

最終更新日 2014年10月18日土曜日 17:10:01

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Optionally add an image (JPEG only)