趣味のためのMacに関するサイト > その他アプリ > 2ch 専用ブラウザ Thousandを試してみて便利な点
その他アプリ

2ch 専用ブラウザ Thousandを試してみて便利な点

必要な情報をWeb、インターネットから探すときには、ブラウザで検索語句をいれて検索し、

順番にたどって行きますが、最後には2チャンネルにたどり着く事が自分の場合は多いです。

ブラウザは、CGIで動いていますので、画面はきれいですが動作が遅くまどろっこしく感じます。

欲しい情報はテキストだけですので、テキストだけ読み込む専用ブウラウザを使って検索していきます。

次には、日本人の性格としてもっと効率的に探したくなります。ということになります。

さらには専用ブラウザの中でも、もっと高機能効率的なものをということになり、

たまたまJavaScriptの事を検索している時にThousandという2ch専用ブラウザを見つけました。

流れとしてはこうです。

  1. 自分の欲しい情報を探す
  2. 2チャンネルに行き着く
  3. 効率よく見るために専用のブラウザが欲しくなる
  4. MacOS対応のブラウザを探す
  5. BathyScapheで見る
  6. 情報を一括で見たくなる
  7. 互換掲示板の取り込みを楽にしたくなる
  8. 2チャンネルの板ごとに検索したくなる
  9. タブブラウジングをしたくなる
  10. Thousandを入れる ← いまココ
  11. プラグインを入れたくなる

という展開です。

──────────比較 Thousand > BathyScaphe の点

  • レス番号参照マウスオーバー
    マウスオーバーで発言が表示される。 → マウスオフで発言表示がすぐに消える。
    マウスオーバーして表示された発言のリンク先へも(素早く)ジャンプできる。
  • タブブラウズが出来る。
  • 板の検索が検索ウインドウから探すことができる。
  • (BathyScapheも出来ますが)スレッドを作成日でソートできる。こちらのほうが
    一回リロードしなくてもいい分楽です。
  • 試していませんが、プラグインをいれることができます。

Thousand、検索ウインドウ

spotlightで検索

この機能は、板を検索する場合にわかりやすく、有効です。

Thousand、カラム式ウインドウ

カラム式ウインドウ

BathyScapheより、一階層深いスレッドを目で追いながら探す時に有効です。

Thousand、作成日でソート

作成日のソート

似た名前の乱立したスレッドをソートするのに使います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                             ページ一番下へ↓

About 1q3

ツールとしてのMacについてのメリットデメリットなどの事について書いています。

最終更新日 2013年11月7日木曜日 08:43:03

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Optionally add an image (JPEG only)