趣味のためのMacに関するサイト > iMac > 不可視フォルダを見えるようにするには
iMac

不可視フォルダを見えるようにするには

Automatorからアプリケーションを作ってコンテクスメニューに加えようとしたところ、

〜/Library/Servicesのフォルダが表示されません。多分不可視の設定になっているのでしょう。

10.6では見えていたのですが、10.8ではデフォルトで見えない設定にしているのでは

ないかとおもいます。

不可視のフォルダを表示させる時に、パスがわかっている場合には、

自分は、Finderのプルダウンメニューから、移動/フォルダに移動。表示させるようにしています。

パスがわからない場合には困ることがありますから、

ここから不可視ファイルを表示するショートカットキーの組み合わせを知りました。

ITスキルの有るレベル以上のかたのみいじることができるように、

またそれに達していないかたがうっかりしていじる事の無いように

親切でもあり、ハードルが高くもある。という両面のAppleの姿勢を感じます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                             ページ一番下へ↓

Macmac 200x110

About 1q3

ツールとしてのMacについてのメリットデメリットなどの事について書いています。

最終更新日 2013年11月7日木曜日 09:57:38

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Optionally add an image (JPEG only)