趣味のためのMacに関するサイト > 周辺機器デバイス > 8chデータロガー PicoLog for Windowsの設定方法の意外な落とし穴では
周辺機器デバイス

8chデータロガー PicoLog for Windowsの設定方法の意外な落とし穴では

tc-08の使用について

8chデータロガーの計測のためのアプリケーション、PicoLog for Windowsを設定してみました。

マニュアル、アプリケーションともすべて英語表記なのでわかりにくいですが。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

picolog

1 picologを開く

2

2 fileタブにあるnewsettingを選択

 注 前のデータが保存されてしまっているためdesk pc waterがある。

3

3 この画面では設定をいじる必要がないので OK を選択

4

4 sampling intervalの欄は計測する時間の間隔を設定できる。

この数字では1秒に一回測定する。

stop afterの欄は計測する時間や何回サンプルをとるか設定できる。

 

5

5 OK を選択

6

6 プローブのchをダブルクリックで選択

picolog

7 名前をいれて OK を選択

thermocoupleはK型のものを使用しているのでそのままでよい

picolog

8 測定するch分を6~7を繰り返し行う。

終わったら OK を選択

 

picolog

9 計測するすべてのchが動作していることを確認したら、

 画面左上の赤いstart recoringボタンを押してスタート。

 測定が終了すると止まり、記録が保存される。

落とし穴がありました。データロガーの電源はUSBから供給されるので

電源を常に供給しておく必要があります。(電池式でありません)

測定キットの裏面(地表面から45度の勾配)に樹脂製ケースを取付け、

そのなかにデータロガー本体を入れ、長いUSB延長ケーブルをAmazonから購入し、

室内のノートPCへ接続しました。

これでなんとか記録がスタートし、測定することができました。

実際にセットしてみないと、カタログだけではわからない事があります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                             ページ一番下へ↓

About 1q3

ツールとしてのMacについてのメリットデメリットなどの事について書いています。

最終更新日 2013年11月7日木曜日 09:58:23

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Optionally add an image (JPEG only)