趣味のためのMacに関するサイト > Windows > 【Metoro】はLaunchPadと同じで使いづらい
Windows

【Metoro】はLaunchPadと同じで使いづらい

Mac仕様でずっとやってきたせいか、たまにWindowsを扱うと戸惑います。

特に扱いに困るのが、メトロと呼ばれるスタート画面です。

iPadやiPhoneのようにタイル状になっているアイコンをスクロール出来るなら

まだしも、タスクバーが現れる当たりにオンマウスをして、

すべてのプログラムを表示させないと目的のマイナーなアプリケーションを

探すことができません。

以前のスタートメニューからたどれた事から比べると使いにくいと感じます。

デスクトップもiPadのようにタブレット型にした。と言う事でしょうが、

どっち付かずではユーザーとしては戸惑うばかりです。

MacでもCover Flowより、一覧でフォルダの前後関係を見ながら、

カラム式が目的のファイル、フォルダに早く行けると感じます。

そういえば、MacにもLaunchPadというアプリケーションがありました。

こちらも使いづらいのでそのままです。Finderから新規ウインドウ/カラム表示で

使っています。

いずれも見かけ上はきれいですが実用ではないと思います。

タブレット型とデスクトップ型の使用目的が違いますから。

そんなところより、基本性能のほうに力を入れてほしいものです。

「Windows8 余計な表示がうるさい」で検索したところ、Start Menu8という

アプリがあるのを見つけました。これですべてのファイルが階層化表示出来ますので

スタートメニューに悩まされる事が無くなりそうです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Macmac 200x110

About 1q3

ツールとしてのMacについてのメリットデメリットなどの事について書いています。

最終更新日 2013年11月7日木曜日 10:12:50

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Optionally add an image (JPEG only)