趣味のためのMacに関するサイト > 周辺機器デバイス > 【FileMaker】「=」キーが無い時にはサービスを使う
周辺機器デバイス

【FileMaker】「=」キーが無い時にはサービスを使う

自分が現在使っているキーボード iBUFFALOのBSKBB09には「=」キーがありません。

しょうがないので単語登録をして半角の「=」イコールキーを表示させるようにしています。

半角のキーを打てないと表計算ソフトなどを手入力する時などに困りますので。そのほかに

困ることと言えばFileMakerでレコードの指定フィールド全部にデータをコピーする「全置換」です。

これが使えないと、一個ずつフィールドにデータをコピーしていかなければなりません。

大変手間がかかる作業をするはめになります。そこで、システム環境設定からサービスを使って、

FileMaker専用のショートカットキーを作ることにしました。その場合にはコマンドを正確に

入力しなければなりません。システム環境設定/キーボード/キーボードショートカット/

アプリケーション/+ で指定が出来ます。実際にはFileMakerのレイアウトでボタンにコマンドを

割り当てればすむのですが、どうゆうわけか必要なファイルだけコマンドが効きませんでした。

それで、やむをえずこのようなはめになりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

全置換1

FileMaker Pro ver9

全置換2

プルダウンメニュー 全置換 イコールキーが無いので使えない

全置換3サービスでの全置換

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

ツールとしてのMacについてのメリットデメリットなどの事について書いています。

最終更新日 2013年11月20日水曜日 17:29:23

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Optionally add an image (JPEG only)