趣味のためのMacに関するサイト > iPhone > 【iPhone】フリック機能を使える自分用の辞書を作る
iPhone

【iPhone】フリック機能を使える自分用の辞書を作る

普段パソコンを使う事が多いせいか、漢字を変換で呼び出しますから、いざ手書きで書こうとすると

書く事ができません。そこで漢字を思い出すように手作りの単語辞書を作ることにしました。

iPhoneで漢字と読みをセットにしてフリックで答えを見ることができるようにしました。

iPhoneのアプリで単語帳のセットも有りましたが、いかんせん文字が小さいので、私にとっては

不便です。そこでCover Flowのような動きを期待してiPhone/写真でフリック機能を使って

単語帳として使うことにしました。

  1. iPhoneのスクリーンショットの大きさでJeditのウインドウを作成、漢字を入力
  2. プレビューでスクリーンショットを書き出し。
  3. iPhotoの同期用フォルダに取り込み。

とするとiPhoneに取り込まれますので、フリックしながら単語を確認出来ます。

ただし、スクリーンショットが増えて来ますとメモリーを食いますので注意が必要です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

辞書 1辞書 2

辞書 3辞書 4

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

ツールとしてのMacについてのメリットデメリットなどの事について書いています。

最終更新日 2014年1月27日月曜日 09:57:35

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Optionally add an image (JPEG only)