趣味のためのMacに関するサイト > AppleScript > 【AppleScript】GUIスクリプトの手直しをする
AppleScript

【AppleScript】GUIスクリプトの手直しをする

さすがにそのままでは都度指定の印刷が面倒でしょうがありませんから、不具合箇所の手直しを

一番使う構文から手直しをすることにしました。一番使用頻度が高いのは、見積書にロゴをスタンプ

する構文です。事前に押しておけば良いようですが、セキュリティー上自分しか押せないように

していますから都度押す必要がありますのでこの構文が必要な訳です。

アプリケーションの反応を待つ構文があればいいのですが、単純にアプリケーションにコマンドを

送るという私なりのスキルで出来る構文にしていますので、タイミングがずれたり座標の位置を決めて

クリックさせるという人間に変わっての動作をさせていますからその位置がずれたりすると、

これもまたエラーになります。MacOS 10.8でうごく自分の環境というニッチな世界でしか

使えないAppleScriptですが、自分にとっては充分有用なものですから手直しする必要がありました。

スクリプトエディターでは構文を一行ずつステップごとにチェックすることもできませんので、

このScript Debuggerで個別にチェックするため購入しました。

スクリプトエディターに比べコマンドがたくさんありますし、使い始めて間もないこともあって、

効率的な使い方は出来ませんが、そのなかでステップ再生とスロー再生を実施しました。

指定の行番号で再生を停止。という機能も手探りながらも見つけて便利な機能を多く見つけました。

これならエラーの箇所を見つけるのに最初から最後まで何度も定速度で再生という作業を

しなくて済みそうです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Script Debugger1

Script Debugger 再生速度調整

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

ツールとしてのMacについてのメリットデメリットなどの事について書いています。

最終更新日 2014年3月8日土曜日 11:29:45

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Optionally add an image (JPEG only)