趣味のためのMacに関するサイト > Facebook > 【むずかしいPC用語】Facebookリーチ エンゲージメントとは
Facebook, むずかしいPC用語

【むずかしいPC用語】Facebookリーチ エンゲージメントとは

フェイスブックならではの用語がわかりませんでしたので、調べてみました。

どちらの会社、団体でも独自性を出したいために先発の言葉を使いたくないものです。

リーチ → 閲覧者数。エンゲージメント → レスポンス率、などと書いてくれればわかりやすいのに。

と、思いますね。

Facebook リーチ

投稿のリーチとは、あなたの投稿を閲覧した利用者の数です。

投稿が利用者のニュースフィードに表示された時点で、その人へのリーチとしてカウントされます。

表示される数字は、投稿が作成されてから365日間の合計で、

デスクトップとモバイルのFacebookで投稿を見た人が含まれます。

Facebook エンゲージメント

企業のFacebookページ運用において、重要な指標となっているエンゲージメント率。

一般的に1投稿のエンゲージメント率は、

(投稿に付いたいいね!+コメント+シェア)÷ファン数

で算出される、ということはご存じの方も多いかと思います。

さて、この当たり前のように広く使われてきた『エンゲージメント率』ですが、

実はFacebookが定義する『エンゲージメント率』の意味が変わっているということを、

みなさんはご存じでしょうか?

その新しいエンゲージメント率の定義とは、

(投稿にいいね!・コメント・シェアまたはクリックをした人数)÷投稿のリーチ数』。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Mac  2s

About 1q3

ツールとしてのMacについてのメリットデメリットなどの事について書いています。

最終更新日 2017年1月23日月曜日 22:12:12

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Optionally add an image (JPEG only)