趣味のためのMacに関するサイト > むずかしいPC用語 > 【むずかしいPC用語】ラウンドトリップタイム
むずかしいPC用語

【むずかしいPC用語】ラウンドトリップタイム

 Wi-Fiの電波の強さを調べていましたら、ラウンドトリップタイム(round trip time : RTT)と

いうわからない言葉が出てきましたので調べてみました。

RTT 【 Round-Trip Time 】 ラウンドトリップタイム 

RTTとは、通信相手に信号やデータを発信してから、応答が帰ってくるまでにかかる時間。

相手との物理的な距離や、経路上で中継・転送する装置などの数によって左右される。

発信した信号やデータが相手に届く(あるいはその逆)までにかかる時間は

「レイテンシ」(latency)と呼ばれる。

 行ってから帰ってくるまでの時間の長短で電波の強さを調べてみるということでしょうか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Mac

About 1q3

ツールとしてのMacについてのメリットデメリットなどの事について書いています。

最終更新日 2017年1月29日日曜日 19:13:27

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Optionally add an image (JPEG only)