趣味のためのMacに関するサイト > AppleScript > 【AppleScript】パソコンに24節気を表示する 5
AppleScript

【AppleScript】パソコンに24節気を表示する 5

前回の構文では、データが切り替わらず、ずっと立春のままとなってしまったので、

構文を考え直さなければいけません。

エラー処理が自分にとっては難しいので、構文が冗長になってもその方が楽です。

どうにかいい方法はないだろうかと考えていたところ、以前構文の前の方にプロパティーとして

数値を一覧で書いていた構文があったことと、行列で値を処理すること、リストで一括処理ということを

思い出しました。ということで、複数の値をリストに入れて同じものがあるかどうかを

比べる式を書いてみました。

今日は24節気の”雨水”ではありませんが、the24SekkiNum = usuiNum(current date  “0206″)

だったら”雨水”と表示されるはずです。

これを24個作れば24節気の表示が完成します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

スクリーンショット 2018 02 04 17 13 58

About 1q3

ツールとしてのMacについてのメリットデメリットなどの事について書いています。

最終更新日 2018年2月6日火曜日 22:00:41

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Optionally add an image (JPEG only)