趣味のためのMacに関するサイト > AppleScript > 【再掲】24節気を考えてみる
AppleScript

【再掲】24節気を考えてみる

あまりにも遅くなってお蔵入りになった、

iMac 2012 Lateを使って24節気を再度表示させようとした。

しかし問題が。

① 年度(2018→2019)が変わったので24節気(春分など)の日にちが変わっている可能性がある。

日にちの計算を全自動で取得するプログラムはかけない。

② パソコン(iMac)が変わったのでパスが変わっているかも。

一個づつチェック。といっても全部で24個なのでそれほど大変でない。

(オブジェクトのフルパスを取るツールをAutomatorで作りました)

面倒なのは国立天文台のサイトに行って、

24節気の日にちを調べてから、YYYYMMDDの8桁の引き算をすること。

もっとスマートな方法があったかもしれませんが、

デジタルな判断をしなければなりませんから、

閾値(境界の値)を決めるのに日付の引き算を計算しやすいように

便宜上西暦、月、日付でYYYYMMDDと8桁にした方が後々計算が楽なのです。

AppleScriptを使いますので、日付の型(データを取り出した時)が

月が一桁だったり、日にちが一桁だったりすると、

数字を文字に変換して、”0”を足してから計算したりとコードが無駄に長くなって

面倒になりますので、下処理をしておきます。

始まる日(基準日)

小寒 20190106

大寒 20190120

立春 20190204

雨水 20190219

啓蟄 20190306

春分 20190321

晴明 20190405

穀雨 20190420

立夏 20190506

小満 20190521

芒種 20190606

夏至 20190622

小暑 20190707

大暑 20190723

立秋 20190808

処暑 20190823

白露 20190908

秋分 20190923

寒露 20191008

霜降 20191024

立冬 20191108

小雪 20191122

大雪 20191207

冬至 20191222

たとえば一月一日をA、小寒をB、冬至をCとすると、

B – Aが、20190106 – 20190101 = 5

C – Aが 20191222 – 20190101 = 1121

となります。

毎日午前零時に再起動しますから(MacOSのシステム環境設定の選択機能)その時点で、

今日の日と元日を数値に変換して計算して、

二十四節気のいずれかを判断します。

去年一年間動かしてみて正しく動かしたので今年も動くでしょう。

自分だけの感覚かもしれませんが、古いiMacでも

自分のためによく働いてくれたという愛着がありますので、

捨てる気にはなりません。

余生をゆったりと過ごしてほしいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Mac

About 1q3

ツールとしてのMacについてのメリットデメリットなどの事について書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Optionally add an image (JPEG only)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください