趣味のためのMacに関するサイト > CGI > 【CGI動作チェックその3】
CGI

【CGI動作チェックその3】

【CGI動作チェックその3】

ではまず、動作チェックから。

http://ikkyu.s22.xrea.com/postmail/postmail.html

に必要事項を記入して

送信する。ボタンをクリックすると

確認画面( ./tmp_conf.html)になり

(URLは./postmail.cgi)

「上記内容で送信」ボタンを押すと

—————————————

File Not Found.

考えられる原因

ファイルが見つからない。

URL、リンクが間違っている。

アカウントが削除されている。

————————————–

という風に表示される。

ここでは以前の画面での入力分が反映されていないし、

cgiファイルでボタン押し後「./tmp_thx.html」へ

jumpせよ。という命令が実行されていないんで

記述がおかしいのかなと。

本当はPerlで書かれている文を全部公開すればいいのだが

なんとも長文になってしまうので。

kentさんのwebにありましたPerlの文法チェッカーで見てみる。

– 診断結果 –

改行形式 LF (UNIX形式)

Perlのパス #!/usr/local/bin/perl

サーバのPerlとのチェック 合っています

/usr/local/bin/perl

パーミッション 実行権あり

文法チェック

postmail.cgi syntax OK

PerlChecker v2.21

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Mac

About 1q3

ツールとしてのMacについてのメリットデメリットなどの事について書いています。

最終更新日 2013年11月3日日曜日 21:39:35

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Optionally add an image (JPEG only)