趣味のためのMacに関するサイト > その他アプリ > 【iPhone】着信音(着メロ)を作る2
その他アプリ

【iPhone】着信音(着メロ)を作る2

——————たくさんの着メロでは

iPhone4に着信音(着メロ)をたくさん入れて発信者によって

音楽で判断できると便利ですし、また、たくさんの音楽を楽しむ事が出来ます。

YouTubeから取り込んで新しい着メロを作ってみようと思いました。

もちろん著作権には注意が必要です。

——————作成方法では

mp3かmp4に変換してiTunesにとりこむ必要が有ります。

そのためには

1  Webでmp4に変換する

2 変換アプリをつかってダウンロードしたFLV形式のビデオをmp4に変換する。

と言う方法が有ります。

今回は自分が使っているMacOSが10.6.8のIntelMacという事も有って

変換アプリを試してみました。

——————作業の実際

RichFLV どうしても取り込みがうまくいかない。自分の操作が悪かったかもしれません。

iExtractMP3 こちらも同様です。

TubeTV こちらはダウンロードはうまく行くのですが変換が×でした。

一旦YouTubeからビデオをダウンロードしてから変換ツールを使って変換するのは

作業効率が悪い事も有って断念しました。

変換サイトと言えばYouTubeFIREですが、メインのサイトでは

IEが必須という事でしたのでサブのサイトで試してみました。

——————変換が成功したサイト

自分の環境はMacOS 10.6.8のIntelMacです。3.06GHz Core2Duo

http://www.flvto.com/

では、URLを打ち込んで30から40秒くらいでmp4にストレスなく変換できました。

その他のサイトでは変換が出来ませんでした。

変換後のmp4ファイルはダウンロードフォルダにダウンロードされます。

——————着メロの製作

まずiTunesに取り込んで、ファイル/情報を見る/オプション を選択します。

自分が選択した曲は、スタートから7秒まで無音の部分が有りますので

その部分をスキップします。そして着メロとして使えるのは最大40秒ですので

開始時間 0:08

停止時間 0:48

と設定してチェックを入れます。

詳細/AACバージョンを作成

そのAACバージョンで作成したファイルをデスクトップへドラッグ&ドロップで移動。

その移動後のファイルの「情報を見る」で名前と拡張子を英数字.m4rに変えます。

そしてiTunesに取り込んで完成です。これでiTunesのライブラリ/着信音 に表示されます。

——————作業後の感想

あちこち回り道をしましたがこのやり方が一番早くて確実かと思います。

また、普段おつきあいの有る方ごとにテーマを決めて着信音を作ると

楽しめるかと思います。だれから電話がかかってきたかがすぐにわかりますし。 

  1. RichFLVを選択
  2. 着信音を使用する部分を指定
  3. AACバージョンに変換

──────────後日談

iTunesのライブラリ/着信音 に表示されるには、

上記AACバージョンのものを先に削除しておく必要があります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Mac

About 1q3

ツールとしてのMacについてのメリットデメリットなどの事について書いています。

最終更新日 2013年11月5日火曜日 02:54:39

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Optionally add an image (JPEG only)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください