趣味のためのMacに関するサイト > 大画面TVでプレゼン > 大画面テレビでプレゼンをするには
大画面TVでプレゼン

大画面テレビでプレゼンをするには

私はお客様との打ち合わせに大画面テレビでプレゼンしたいという希望があります。

費用と納まりの関係でちょっと悩んでいますが。

大画面テレビ55インチ程度の値段は大分こなれてきました。

安いものでは20万円以下、一流メーカーでないものでは10万円程度のものがあります。

サイズが大きいものですのでどこに置くか。ということが事務所では問題になります。

この55インチというサイズの意味は現在置いている予定表の黒板の横幅が1200あり

現在の大画面テレビのタテヨコ比(アスペクト比)は16:9ですから

黒板横幅1200ミリをSketchUpで逆算すると

対角線が1375になり、(対角55インチ = 2.5センチ/インチ × 55 = 1375ミリ)

それで55インチの大画面テレビが黒板の大きさにちょうどいいのでは。と考えた訳です。

実際には画面以外の大きさの部位がありますから、52インチ当たりが適当ではと考えます。

黒板の位置に壁掛けで置きたいと思っています。

iMac → 大画面テレビの接続方法は、以前はHDMI端子に変換ケーブルを使って

長い有線でと考えましたが、AirMac(Wi-Fi)でエーリンク社のMcTiViaを使えば

無線で接続することができると思います。

ここまでは、設置イメージが出来ました。

そのほかに問題があります。

普段は予定表の黒板を設置していて、プレゼンに使う時だけテレビをどうやって取り出すか。

という問題です。

テレビを奥に、予定表の黒板を手前に吊り下げておいて、テレビを使う時だけ

予定表黒板を、上もしくは横にスライドさせるというのは現実的でありません。

では、大画面テレビに予定表をアイドリングで表示できないか?と考えました。

ファイルサーバー MacOSX Server Snow Leopard は、バージョンが iCal Server 2です。

これがアイドリング時に表示されればいいわけです。

ちょっと難題ですが、少し見えてきました。

アスペクト比

55インチテレビのアスペクト比とタテヨコの寸法概算

Mctivia

McTiVia接続イメージ図

エー・リンク株式会社(A-Link Corporation): “”

(Via.)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

ツールとしてのMacについてのメリットデメリットなどの事について書いています。

最終更新日 2013年11月5日火曜日 17:50:07

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Optionally add an image (JPEG only)