趣味のためのMacに関するサイト > 周辺機器デバイス > 遮熱断熱塗料曝露試験で8チャンネルデータロガーを検討する
周辺機器デバイス

遮熱断熱塗料曝露試験で8チャンネルデータロガーを検討する

連休明けの用事もだいたいは片付いたところですので、遮熱断熱塗料の曝露試験の準備にとりかかります。

まず、用意するのはデータロガーです。

データロガーのカタログスペックを調べて秋月電子通商へ注文しなければなりません。

試験片は、5種類用意します。いずれも150ミリ × 300ミリです。

  1. 基本試験片(鋼板、黒色)
  2. 木製試験片(野地用のベニヤ板無塗装 厚み12ミリ)
  3.  〃   ( 〃      遮熱断熱塗料塗布  〃)
  4. 鋼製試験片(鋼製屋根材 無塗装)
  5.  〃   ( 〃    塗装 )

曝露位置、スタイルは決まっていますが、問題は8チャンネルデータロガー本体の位置です。

カタログをみると、USBコネクタ熱電対のコード長は800ミリとあります。

試験片は、全部で5個有り、コードが長くないと本体に雨がかかったり、日射がかかったりしますから

劣化とか故障が心配です。ちょっと検討してみたいと思います。

8ch熱電対データロガーTC-08(USB接続)

[TC-08/USB]

通販コード M-01527

発売日 2006/08/10

メーカーカテゴリ Pico Technology Limited

USB接続タイプのTC-08ができました。電源不要の温度計測器です

■8チャンネルサーモカップルデータロガー

■測定温度範囲:-270℃〜1820℃(使用する熱電対により測定範囲が変わります)

■対応する熱電対の種類:B,E,J,K,N,R,S,T型

■K型熱電対(-200〜+1000℃、短時間1200℃)P-00306が8本付属!

■測定分解能:約20ビット(ノイズフリービット数:16.25ビット)

■インターフェース:USB1.1

■サイズ:201×104×34mm

■入力電圧範囲:±70mV

■入力インピーダンス:2MΩ

■専用ソフトウェア付属(英文)

8チャンネルデータロガー 8チャンネルデータロガー

 
8チェンネルデータロガー 8チャンネルデータロガー

K型熱電対プローブ

通販コード P-00306

発売日 2002/11/11

当社キット、テスター(一覧はこちら)に標準添付されている熱電対測定プローブです。

■K型熱電対:クロメル・アルメル

■-200℃〜+1250℃の広範囲の温度を測定することができます。

■起電力:約40.7μV/℃

■長さ:約80cm

※参考資料付

 資料に出てくる抵抗は付属していません(写真5枚目)

※高温に耐えられるのは先端部分だけです。先端のチューブ部分は燃えますが、

 測定に問題ありません。コネクタの細いほうが、(-)、太いほうが(+)です。

熱電対 熱電対

熱電対 熱電対

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                             ページ一番下へ↓

About 1q3

ツールとしてのMacについてのメリットデメリットなどの事について書いています。

最終更新日 2013年11月7日木曜日 08:47:53

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Optionally add an image (JPEG only)