趣味のためのMacに関するサイト > iMac > Timbuktuが使えない時には画面共有で操作を教える
iMac

Timbuktuが使えない時には画面共有で操作を教える

Timbuktuというアプリケーションで、LAN内にあるiMacの操作をして、

社員へパソコンの操作を教える事が多々あります。

このTimbuktuはMacOSが10.3くらいの時代に買ったもので、バージョンが8.6.xです。

今では相当古くなっていて、バージョンアップを考えなければ

ならない時期に来ていましたが、使えていますのでそのままにしていました。

現在では10.8.xが主流になりつつありますから、買い替えをするかどうかの判断を迷っていました。

たまたま、Timbuktuでの操作を10.8 → 10.6でするときがありました。

10.6のデスクトップ画面を10.8からは見えますが、逆は見えないのです。

やむを得ず、画面共有で対応することにしました。

私が使っているiMacを、他の社員の人から見えるようにしたのです。

この画面共有の昨日はMacOS 10.6 Serverでは普段良く使っている機能です。

もちろん、MacOSサーバー側で画面共有を「オン」にしておかなればなりませんが。

画面共有機能を使って、私がどういう風にiMacのアプリケーションを使っているかを見せて、

操作方法を覚えてもらうのに最適です。

Timbuktuでは対象が一対一ですが、この画面共有は一対多で使えるかもしれません。

これはテストしていませんが、使えるかどうか、試してみたいと思います。

そういえば、アクセスを許可の対象が「すべてのユーザ」というラジオボタンもありますね。

面白い機能です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Timbuktu 画面共有

システム環境設定/共有

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                             ページ一番下へ↓

About 1q3

ツールとしてのMacについてのメリットデメリットなどの事について書いています。

最終更新日 2013年11月7日木曜日 08:54:12

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Optionally add an image (JPEG only)