趣味のためのMacに関するサイト > iPhone > iMacから他のスマートフォンへショートメッセージを送るには
iPhone

iMacから他のスマートフォンへショートメッセージを送るには

仕事の連絡をするのにほとんどはemailを使っています。送信履歴も残りますし、

生活時間帯も違いますから、個別に電話して一回づつ確認を取らなくてよい。

という点も便利なところです。

しかし、中にはemailをあまり使わず、LINEなら使っていると言うかたが出てきました。

それではと、LINEのアプリをiPhoneに入れて、さらにMac版のアプリが出ましたので

iMacにインストールして、iMacから相手側のスマートフォンに向けて

送信することができました。そうすれば、iPhone画面で入力するよりも

ずっと手早くiMacで入力することができますから、打鍵がはかどります。

話はそれにとどまりませんでした。スマートフォンであるiPhoneを使っているにもかかわらず、

スマートフォンアプリのLINEもFacebookも使っておらず、SMS(ショートメッセージ)

だけ使っているかたが出てきました。小さい画面では入力が進まず困りますので、

「iPhone iMacからショートメッセージ」で検索すると、SMS Senderと言う

iPhoneアプリが見つかりました。これ幸いとすぐにApp Storeからダウンロード、

インストールすると、アイコンが使える状態になりません。

iPhone側にクライアントアプリを入れていないのが原因とわかりましたので

Wi-FiをiMac、iPhoneともオンにして、クライアントアプリをインストールし、

ようやく使える状態になって、iMacで送信してみたところ

iPhoneのウインドウに、SMS Senderで打った文面がペーストされました。

何のことはない、iMacの文章がiPhoneにコピーされただけでした。

結局はiMac単体からSMSとして送信出来ず、iPhoneのウインドウを使う代わりに、

iMacのキーボードを使うと言う事です。それでは意味がありません。

無駄なお金を使ってしまいました。

sms sender1

SMS sender

sms sender2

送信出来ないとき

sms sender3

連絡先から送信先電話帳を検索出来るのは便利

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

ツールとしてのMacについてのメリットデメリットなどの事について書いています。

最終更新日 2013年11月7日木曜日 10:03:42

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Optionally add an image (JPEG only)