趣味のためのMacに関するサイト > FileMaker > 【FileMaker】特定条件のレコードの時だけ表示させるフィールド2 予期せぬデータの消滅(消去)
FileMaker

【FileMaker】特定条件のレコードの時だけ表示させるフィールド2 予期せぬデータの消滅(消去)

見積もり計算をしていた時に不要なデータを削除するために、「レコード削除」をしました。

すると、選択していないレコードまで削除されてしまい、再度作り直す事になりました。

「全レコード削除」のボタンを押してしまったのかと後悔しましたが、後の祭りです。

タイムマシンで復旧を試みましたが、運良くか運悪くか、一時間以内に作成したデータでしたので

タイトな時間で作成した、少ないデータでしたので復旧が出来ませんでした。

自分の操作ミスかと思ってアクセス権設定で「対象レコード削除」ボタンを押せないように

しようかと考えてみましたが、設定が多くなると混乱する可能性がありますから、迷いました。

しかし、よく考えてみると、ひとつのレコード削除と、対象レコード削除のボタンはありますが、

二度続けてこの「対象レコード削除」をクリックしてしまったのか?という疑問が残ります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「FileMaker 該当データが消える」で検索したところ、ここにもありました。

このサイトでの問題はスクリプトでした。このファイルはは何かをトリガーにして動く

スクリプトはありません。ひょっとして連結しているリレーションに問題があるのではないか?

と思ってみ直してみると、私が操作していたファイルと他のリレーションを張ったファイルとは、

「他のテーブルでのレコードが削除された時にこの関連レコードを削除」という条件で、

「リレーションシップ編集」がされています。ですので、リレーションが成り立たなくなって、

この条件に従って、該当の全レコードが削除されたのでは?と考えました。

現在のところは、原因が不明ですが多分自分の設定に問題があったのかと思います。

この問題があとでわかりますが、自己参照リレーションに再挑戦するきっかけとなりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Mac

About 1q3

ツールとしてのMacについてのメリットデメリットなどの事について書いています。

最終更新日 2013年10月19日土曜日 11:15:09

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Optionally add an image (JPEG only)