趣味のためのMacに関するサイト > Acrobat > OCR解像度の不思議 粗いほうがいい?
Acrobat

OCR解像度の不思議 粗いほうがいい?

Acrobat9の製品版のOCR機能を使ってテキスト化する作業をテストしてみたところ、

600dpiでスキャナーから読み込んだものはおおよそ90%以上文字データを認識します。

これはOCRソフトを使わないですむかな。と考えていたのですが、

表組された部分を試してみたところ、ほとんどと言っていいほど文字化けします。

これでは使えません。

それで、OCRソフト、読んde!!ココを使って再度認識させてみたところこちらもほとんど文字化けして

使えません。

そこで、普段は200dpiで読み込んでいますから、200dpiで読み込み直してみたところ、

90%超で表組を読み込みました。解像度が粗い方が、良く認識するとは驚きです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Mac

About 1q3

ツールとしてのMacについてのメリットデメリットなどの事について書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Optionally add an image (JPEG only)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください