趣味のためのMacに関するサイト > Acrobat > 【アクロバット】ブログネタPDF書類を連結するのにアクロバットは必要でなかった
Acrobat

【アクロバット】ブログネタPDF書類を連結するのにアクロバットは必要でなかった

自分はMacユーザなのでPDF書類を見るときには通常プレビューと言うアプリケーションで

開くことになります。

 書類を見るだけならいいんですが、PDF書類を編集するとなると

このAcrobat Readerではほとんどできることが限られています。

今回の問題はウェブ版のマニュアルをKindleで読みたいと言う時に、

ウェブページをPDFで書き出したときに30ページぐらいありまして、

そのページを結合する必要が出てきました。

 アドビアクロバット(リーダーではなく製品版)を以前持っていましたが

当時のバージョンでは古くなってしまい現在のPCのMacOS 11.2.3では使うことができません。

 そこで、製品版のあったAdobeアクロバットはどのくらいか調べてみました。

 現在ではサブスクリプションと言うサービスで月払いになってますね。

 昨日は分かりませんがアクロバットスタンダードとアクロバットプロというのがあります。

 ほとんど買取はしてないようで各1518円/月と1738円/月のようです。

 そこまでお金を払って受けるサービスかなと思いますほとんど使いませんから。

 そこでさらに「PDF結合」で検索してみると、Adobeでもその他の業者さんでも

ウェブ上でPDFの結合サービスをやっています。

自分はこれで充分ですね。

 その30ページ長のPDF書類を例にウェブ上での結合サービスを受けてみました。

 1つ目のサイトでだめだったら次のサイトで試してみるつもりだったのですけど、

1つ目のサービスで成功しましたので、その後Kindleで開いてみると

市場なく読み込む読み込むことができました。

自分はこのサービスで満足ですね。 

スクリーンショット 2021 06 04 22 36 37

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

ツールとしてのMacについてのメリットデメリットなどの事について書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Optionally add an image (JPEG only)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください