趣味のためのMacに関するサイト > その他アプリ > QuickTimeファイルがiMovieで編集できないときには
その他アプリ

QuickTimeファイルがiMovieで編集できないときには

こういう落とし穴があったとは。

ここから引用

そもそも、DVから取り込んだ直後のファイル形式は,ふつうのQuickTimeムービー形式ではなく、

「DVストリーミング形式」で書き込まれています。

ですが、QuickTimeには、賢いフォーマット変換機能が搭載されているので、Macモニタ再生のときには

(普通のQTムービーではないのだけれどそのぶん)QTがリアルタイムに変換再生してくれるのでモニタ表示できる、

こういった仕組みになっているのです(MacFan誌1999年7月15日号38ページで説明しました)。

一方、この「DVストリーミング形式」ファイルを素材として、

ムービー編集ソフトを使って効果を付けレンダリングを行うと、

書き出されるファイルはふつうのQuickTimeムービーとなります。

これを頭に入れて頂いた上で…。

iMovieは、動画については「DVストリーミング形式」にのみ対応しています。

したがって、他のQuickTime対応編集ソフトで編集したムービーをiMovieにもってきても、

iMovieは認識してくれません。持ってきたファイルは、QuickTimeムービーファイルであって、

iMovieが読み込めるDVストリーミング形式ファイルではないからです。

そこで、QuickTimeムービーファイルをDVストリーミング形式ファイルに変換する必要がありますが、

幸いなことに、QuickTime PlayerをPro版にアップグレードするだけで変換可能なのです。

QuickTime Playerで変換対象ムービーを開いたら、ファイルメニューの書き出しを実行し、

「ムービーからDVストリームへ」オプションを選択するだけなのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Mac

About 1q3

ツールとしてのMacについてのメリットデメリットなどの事について書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Optionally add an image (JPEG only)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください