趣味のためのMacに関するサイト > Automator > 【Automator】パスを取得するため以前のアクションのバグ取りをする
Automator

【Automator】パスを取得するため以前のアクションのバグ取りをする

プログラム(パソコンを動かすための言語)といえば自分はAppleScriptしか知りませんが、

その時には、アプリケーションを起動して、対象のファイルを指定して、命令(コマンド)を する。

という手順でコードを書きます。

その時にファイルのパス(住所)がわからないと困りますので、 パスを調べますが、

その手順が面倒なのです。

それでMacOS同梱のAutomator(機能をレゴのように組み合わせて使う)を使って、

コントロール + クリック(2ボタンマウスの右クリック)でパスを取ることができるようにして、

便利に使っていたのですが、OSのバージョンが10.15.xになった(32ビット→64ビット)からか、

動かなくなって困っていました。

ちょっとしたコードを書く時にパスを調べるのに面倒なわけで、コードを書くのも面倒になり、

そのまましていましたが、必要に迫られてバグ取りをする羽目になりました。

Automator

Automatorアクション

 

Automatorの画面を見てみると、アクション(コマンドかな)が使えなくなっていました。

これでは動きません。 ウェブで「MacOS パス取得」などで検索して以下のコードを見つけ、

Automator2これをAutomator/クイックアクションに読み込ませます。

Automator

右クリックすると、このようにウインドウが開きますので、クリックすると、

choose windowが開きますのでさらに選択すればパス(POSIX)が取得されます。

──────────後日談

テストしてみました。

一旦Finderのウインドウが開くのがちょっと面倒ですが、パスは取得できます。

OSのバージョンが進化するに従って、コードの書式がだんだん厳密になってくるように感じます。

自分の感覚ですが以前はファインダーから作成した書類のアプリを起動できた気がしましたが、

いまは、そのアプリを起動してからでないと、書類が開きませんでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

ツールとしてのMacについてのメリットデメリットなどの事について書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Optionally add an image (JPEG only)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください