Excel/NeoOffice/OpenOffice

エクセルでの条件分岐

エクセル(NeoOffice)で条件分岐を指定するときに困る事が有ります。

A=Bなら○、A<>Bなら×という単純な二条件なら簡単ですが、

三つ以上の条件の場合が有ります。

その場合にイフ文の中にAND関数を埋め込みます。

A、B、Cとも定数として

1列目=2列なら○

1列目Aに対して二列目Bなら×

[note]

1列目Aに対してAでもBでもない場合に△をいれる場合は

=IF(B1=””;””;IF(A1=B1;”○”;IF(AND(B1<>”A”;B1<>”B”);”△”;”×”)))

としたら表示できました。

[/note]

複数条件分岐の場合は、こんがらがりますのでちょっとむずかしいですね。

=IF(B1=””;””; はデータが無いところのセルは表示対象から外すという指示です。

 

   
B ×
C

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Mac

About 1q3

ツールとしてのMacについてのメリットデメリットなどの事について書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Optionally add an image (JPEG only)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください