趣味のためのMacに関するサイト > FileMaker > カロリー計算をする経緯をタブレットでイメージを書く
FileMaker

カロリー計算をする経緯をタブレットでイメージを書く

我ながらひどい字だと思いますが。ご容赦ください。ダイエット用のカロリー計算のファイルです。

FileMakerのファイル同士のリレーションを張る場合にレコードのどのフィールドを

対応させるかをノートやメモ用紙に書いて考えながら作って行きますが、

出来上がったものを画像にする時のアクション数は

  1. 紙に書く。
  2. 仕上がったものをスキャナーで読み取る。
  3. PDFファイルをPNGやJPGに変換する。
  4. 目的の部分のスクリーンショットを取る。

という4つのアクションが必要になります。

これでは手間がかかると思いまして、ワコムタブレットでデスクトップ上のアプリケーションに

(この場合はSketchUp)直接書き込めないかと思いました。

そうすれば、

  1. SketchUp上で書く。
  2. 目的の部分をスクリーンショットで切り取る。

という、二つのアクションで済みます。工数減に使えるのではないかと考えました。

電磁誘導ペンは今まで使っている鉛筆やボールペンのような感じでは書けませんので、

下記のような字になった訳です。

しかし、極めて拙い図、文字ながらも、リレーションの構造が自分にとっては理解しやすいので、

大いに役に立つと考えます。

──────────自分なりのリレーションファイルの作り方

食品カロリーファイル、1レコード、3フィールド。

計算ファイル、1レコード、6フィールド。

大項目の食品項目のみリレーション( = )させ、絞り込んだ小項目食品名はドロップダウンリストで

選択し、カロリー数を得て数量を掛けて小計フィールドに数値を入れます。

計算ファイルの食品項目は食品カロリーファイルの食品項目の値一覧を参照させ、

計算ファイルでの値一覧入力の手間と間違いを少なくさせる。というものです。

そして最後に小計パートで一日分のカロリーの集計をします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

er

ワコムタブレットで書いたER図

矩形のみ四角ツールで描画

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

ツールとしてのMacについてのメリットデメリットなどの事について書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Optionally add an image (JPEG only)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください