趣味のためのMacに関するサイト > FileMaker > 顧客データを取得して比較するには
FileMaker

顧客データを取得して比較するには

問い合わせいただいたかたのデータをもとに週刊的にメールマガジンを出しています。

毎週手作業で顧客データをダウンロードし、新旧の突き合わせをしていますが

作業の繰り返しがどうにも煩わしく、閉口しますので

データを取得して比較するのをautomatorで簡単自動化できないだろうか。と考えました。

特に煩わしいところだけやって、他の作業はあとで検討する事にしました。

——————手順

0 事前作業。

混乱しないように、あらかじめ拡張子で検索しデスクトップ上で古いファイルをゴミ箱行き。

違うボタンをクリックしないようにSafariを閉じておく。

1 IDパスワードで保護された自社サイトを開く

2 IDパスワードを入力は、クッキーを使うのでそのまま。

3 ファイルのURLを開く → ダウンロードフォルダへダウンロード

ファイル数の分だけ繰り返し。(その数の分のアクションを作成。)

4 ターゲットファイルをダウンロードフォルダからデスクトップへ移動。

5 所定のフォルダへ移動。

——————今回はここまで

6 ファイル数をカウント

7 FileMaker(顧客新)に取り込む。(繰り返し6の数だけ。)

8 FileMaker(顧客旧)を開く。

9 新旧のデータ数を比べて、新 = 旧 なら、以後の作業をしない。

9-1 新 ≠ 旧 で 新>旧 なら重複しないデータを採用しマスターファイルへ取り込む。

新<旧 なら 〃          マスターファイルから削除。

——————苦労した点

ファイル名の変化

都度ファイル名が変わったり、ボタンの位置が変わると(変数を多用していると)

automatorでは対応が難しいのでどうかなと思いましたが、

変化しないようでしたので対応できました。

ボタンをクリック

指定のファイルが日付が新しくなると、ファイル名が変わるか?

という問題がありましたが

Web上のファイルの為、都度変化させると対応が難しくなるのか

変化をさせていなかったため、なんとか対応できました。

完全自動化とは行きませんが、単純作業の繰り返しが減って少しは楽になりました。

[note]

——————注意点

混乱を防ぐ為の事前作業として、

類似名のファイルをあらかじめ片付ける事と

ブラウザ上の位置情報をもとにボタンをクリックする作業で

違うウインドウのボタンをクリックしないよう、

ブラウザをあらかじめ閉じておきます。

[/note]

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Mac

About 1q3

ツールとしてのMacについてのメリットデメリットなどの事について書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Optionally add an image (JPEG only)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください