趣味のためのMacに関するサイト > AppleScript > 【AppleScript】二十四節気がjavaのおかげで表示されない時は
AppleScript

【AppleScript】二十四節気がjavaのおかげで表示されない時は

24節気がjavaのアップデート連絡のおかげで表示されない。

ということになりました。

パソコンで日にちを計算して24節気の画像を読み出す。

という至極簡単なものですが、

【AppleScript】パソコンに24節気を表示する

javaのオススメコメントの仮想デスクトップが表示されて

その24節気がアクティブにならないのです。

MacOSでは、仮想デスクトップが使えます。RAMの関係で全部使うことはありませんが、

アプリケーションの切り替えより、

仮想デスクトップの切り替えの方が作業がやりやすいのでこちらを使っています。

複数の仮想デスクトップがある時、再起動した時に優先順位があるようで、

自分が表示させたいデスクトップが優先順位が下のようでままりません。

JAVAを削除してもアップデートのオススメのウインドウは表示されます。

そこで、AppleScriptで仮想デスクトップを強制的に切り替えることにし、

キーを割り当てて、「コントロールキーと→キー 」を押せばいいのです。

しかし、

tell app “Finder”

activate

tell app “Systemevents”

keystroke “” using{control down}

end tell

end tell

とやれば普通にいいのですけど

やじるし→キーはkeystroke とできませんから、

AppleScriptGUI Scriptingキーコード

から、key code 125でやってみます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

ツールとしてのMacについてのメリットデメリットなどの事について書いています。

最終更新日 2019年2月4日月曜日 10:59:29

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Optionally add an image (JPEG only)