趣味のためのMacに関するサイト > AppleScript > 一括処理 > AppleScript ディスクトップ上のファイルをまとめて片付ける
一括処理

AppleScript ディスクトップ上のファイルをまとめて片付ける

デスクトップ上がいろいろなファイルでいっぱいになるときがありますので

まとめて片付ける事が出来るようなスクリプトを考えました。

こまったのが、ファイル名の一部に”○○”を含む。という命令です。

start as とかends as ならいいのですが含むですと、whose contains “○○”ではうまく行きませんでしたし、

entire contents of thePath では 時間がかかりすぎで(構文が間違っているかも)

実用ではありませんでした。

そこで”○○” is in name としたところ動きましたのでこちらを使いました。

tell application “Finder”

—————— 移動元のフォルダを選択、ファイルと同名のフォルダある場合のエラーを考えて

Item ではなく

folder を使用。

set thePathFolderA to choose folder with prompt ” 移動元のフォルダー選択

—————— 移動先のフォルダを選択

set thePathFolderB to choose folder with prompt ” 移動先のフォルダー選択

—————— 移動するアイテム(ファイルを選択)

at desktopだと エラー、of desktop でOK

display dialog ” デスクトップ上のファイルを移動します。ファイル名の一部を入力してください。

” default answer ” ファイル名の一部

set theFileName to the text returned of result

[tip]

set theFiles to every file of desktop that (theFileName is in name)

[/tip]

set theNum to (count item of theFiles)

—————— ファイルを移動

move theFiles to thePathFolderB

—————— 移動完了のダイアログ(何個移動したか表示)

display dialog (theNum as string) & ” 個のファイルを移動しました。

end tell

—————— 備忘録

—————— ボタンで選択。

—————— リストで選択、ゴミ箱も。

——————繰り返し処理

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Mac

About 1q3

ツールとしてのMacについてのメリットデメリットなどの事について書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Optionally add an image (JPEG only)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください