FileMaker

FileMakerの総括2

FileMakerでもうひとつ使いたい機能は、動的値一覧です。

動的値一覧とはFileMaker6までで使われた呼び名で

FileMaker7からは「関連するレコードのみを表示する」という機能に呼び名が変わったようです。

機能の呼び名が「動的値一覧」のほうが私としては明示的でわかりやすいと思います。

ユーザーにとってわかりにくいから呼び名を変えたのかもしれません。

利用したい機能

1 顧客マスターファイル(フィールド会社名、氏名が1レコード)、請求書ファイルが有った場合

 顧客マスターファイルにある該当会社の社員のみ表示させる。

2 会社名を選択したとき、氏名フィールドにドロップダウンリストで選択された会社の

社員(複数)のみが表示される。

請求書ファイル、ブラウズモード、新規レコード(コマンド+N)時

フィールド会社名へA株式会社と入力したとき(編集ボックスでも、

ドロップダウンリストでもかまいません)

フィールド社員氏名にA株式会社に所属する社員のみ表示するようにしたいわけです。

検索モードで顧客マスターファイルを検索すれば該当の社員を検索する事ができますが

請求書ファイルのブラウズモード、新規レコード入力画面で、というところがミソなのです。

そのため自己連結リレーションを理解する必要が有ります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

Mac

About 1q3

ツールとしてのMacについてのメリットデメリットなどの事について書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Optionally add an image (JPEG only)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください