趣味のためのMacに関するサイト > iMovie > ズームインエフェクト Ken Burns 備忘録
iMovie

ズームインエフェクト Ken Burns 備忘録

ようやく、VectorMapMakerでDXFデータの案内図を作成できたので、

iMovieのズームインエフェクト Ken Burnsを使おうかと思ったところ、

使用方法を忘れていました。

おぼろげな記憶を元に、たどって行くと出来ましたので備忘録として書いておきたいと思います。

  1. 新規イベントを作成し元画像を読み込む。
    (自分の環境ではこの順番でないと編集がうまくいかない。) 
  2. 新規プロジェクトを作成しイベントからドラッグ&ドロップ
  3. 新規プロジェクトでクリップ左下をクリックし、Ken Burnsを選択
  4. 始点と終点を選択。
    始点大、終点小ならズームイン。逆ならズームアウト。 

このKen Burnsの選択範囲がアスペクト比(タテ:ヨコ)が16:9だったのを忘れ、

正方形に切り抜いてしまい、全部の範囲を使うことができませんでした。残念です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Ken Burns2

プロジェクトの編集でKen Burnsの選択

Ken Burns1

始点と終点の選択

アスペクト比16:9

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページトップに戻る↑                           ページ一番下へ↓

About 1q3

ツールとしてのMacについてのメリットデメリットなどの事について書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Optionally add an image (JPEG only)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください